遅ればせながら、私の自己紹介です。


私は毒親である母と父親、弟、妹の5人家族の長女として生まれました。

この頃特にサイキックな能力は自覚していませんが、少なくとも家族と共に生活を送ることに違和感を感じていました。

普通の学校生活、普通の恋愛、友人達と部活やアルバイトに励んだりしていました。

この頃から人の相談を受けることが多かったです。

私自身、彼氏がいたこともないのに、恋愛相談を受けるなどしょっちゅうでした。

しかし他人のこととなると、何故か的確なアドバイスが出来るようでした。

今思うと、逆エンパスの性質を使って相手の感情などにアクセスしていたのではないかと思います。 

ですので、相手の言っていることが信用出来なかったり、影響を無意識に受けて辛かったのだと思います。

加えて、家庭にも居場所を感じず、常にどこにいても疎外感を感じ続け、20歳の頃にうつ病を発症します。

自傷行為・自殺未遂を経験し、現実を生きるのがあまりにも辛いため、離人症状を一時的に起こしたこともありました。

自分の攻撃性が人格になったような形でした(意識の交代はありません)。

この頃に少しだけDID(解離性同一性障害)の方達との交流もありました。

ただ、見えないものをずっと肯定し続けることにも違和感があり、社会に馴染みたいと願っていた私は結局自分がうつ病だということすらも拒絶し始めました。

この頃の精神世界の認識はヒプノセラピー・カウンセリング程度の認識です。


そして夜行性の生活を利用して、飲食業界で働き始めます。

2年後にはバーテンダーを志し、新人から5年ほど経験しました。

バーテンダーを辞める1年前から占いに興味を持ち、オラクルカードから勉強し始めました。

その後ヒーリングなどエネルギーワークを中心に興味を惹かれていきました。

並行して、タロットやホロスコープなど占いの幅を広げていきます。



2016年11月にツインレイと出逢います。

2017年2月には過去世の記憶を思い出し、チャネリング能力が開花しました。

そして同年6月にツインレイとの分離が始まりました。

分離までにツインレイと2人で会えたのは3回です。

エネルギー交流があるのはありますが、私が彼のハイヤーセルフ(のような高次元のエネルギー体)とチャネリングが出来るくらいです。

彼はまだ覚醒していませんので、彼が私のことを見たり感じたりしていることは意識的にはまだないと思われます。

ハイヤーセルフとチャネリングしても彼の私生活は伺い知れません。

分離期間とはいえ、1,2週間に一度LINEのやり取りはあります。

まだ私は他と比べて精神的には楽な分離の仕方かも知れません。

今月にあった山羊座満月でかなりの変容があり、全てをいったん手放す経験をしました。

社会的には今現在無職であり、8月末には実家へ戻る予定になっています。

この手放しがあまりにもキツく、一時的にうつ状態へ戻りました。

実家へ戻ると毒親である母との接触に耐えられないのは必至です。

しかし、私にはエネルギーワークや人の気持ちに何らかの形で寄り添うのが使命だと思っているので、ネット上でセッション等を展開しております。

統合への条件:自立も今私の中で課題となっています。

【追記】2017年10月 ツインレイとの統合完了。現在現実の再構築へ向けて日々様々な課題を乗り越えております。

現在ホロスコープを中心にリーディングやメモリーオイルブレンドセッションなどを展開中。