昨日は満月でしたが。

露見したことは多々あるのですが、一番大きかった気付きは

私が彼の現実を動かさねばならない

ということでした。

今まで女性側に覚悟が必要だということをお伝えしたのですが、ツインシステムというのは女性のためにあるものなのだと知りました。

男性は確認のための存在なのです。


彼の反応、彼の言動は自身がどれだけ向き合ってきたか正しい方向にいるかの確認。
統合してもなお、現実の再構築に彼が動かない・・・いや動けないことを考慮すると、私自身が2人で共に過ごす現実をきちんと意図していないから、動かす覚悟が足りないからだと。

彼に愛されたいとかもっとこうして欲しい!とかそういう次元の話ではないです。
愛されたいならどれだけ自身がその現実にフォーカスしているか、エネルギーを注いでいるか。
彼が実際そうしてくれないのは、全部自分の中に原因があるということ。

彼を見るというのは外側に答えを探している行為に他ならない。
 ではどうやって彼の現実を動かすのか。

5次元エネルギーでの遠隔操作。

です。
これは、フレームやソウルの段階には必要なさそうな感覚はするのですが。
何故なら現実でのシンクロ率が高いからです。
物理的に会う回数も多いでしょうから、そこまでする必要ない感じがします。

ツインレイ(お互いが全く同じ細胞・魂)であるからこその対処法というか。
そして統合を終えているからこそ出来ることなのではないかと。。。
具体的に遠隔操作って何なのかと言うと、

アファメーションです。

私の場合は私達のホロスコープのグリッドとライトランゲージを使って祈ること。
ただシンプルに「祈るのみ」になってしまいました。

でもこのアファメーションというのが曲者で、私の場合は「魂の意図に沿っていなければ発動しない」ようになっています。
なので今まで新月の願い事なんかは全く叶った試しがありませんでした。
少しでも間違っていると本当に叶いません。

ある意味分かりやすいのかも知れませんが。
凄い小さなことはすぐ叶うのですよ、「今から行くお店が混雑していませんように」とか。
恐らく叶っても魂に何ら支障がないものなら大丈夫なのでしょうね。

アファメーションを実行するまでの過程に、
  • 自身のクリアリング(浄化)をかかさない。
  • 過去世の記憶も自身をとりまく人達のエネルギーも全て綺麗に洗う
  • エネルギーを注ぐ正しい方向性を知る(誰と過ごすのか、どんな仕事をするのか)
  • 星の動きを知る(正しいタイミングに乗って動けるように)

これだけの作業がありました。 

確かに同じ魂で肉体だけが別であるなら、私が代わりに動かすことだって理論上出来るはずですよね。
彼本人は自分で決めたことだと思うでしょうけれど、本人がそう思うということは私からの遠隔操作が伝わっているという他ならぬ確証になるはず。

女性が意図した想い(エネルギー)を男性が現実で形にする

ツインシステムに共通している概念ですが、ツインレイは直接的にそれを実行するということだったんですね。
進展があれば都度ご報告したいと思います。

【愛歌音の個人セッション】
★魂の総合コンサル☆


【主な活動領域】
●新ブログ
星宙を詠う《ソラウタ》

≪Youtubeチャンネル≫


【お申し込み・その他お問い合わせはこちら】
お問い合わせフォーム
※当ブログのリンクについて。
スポンサードリンク