太陽が山羊座に入り(冬至)、水星逆行が終わる24日。
とんでもない激痛が首の付け根を襲い、私も何かの修正がかかったのかと調べたところ、

家族のエネルギーにやられていることが判明しました。

前々から過去世との関わりもありますから、私にとっては悪影響だというのは重々承知はしていました。

対策を練っていたつもりだったのですが。。
両親は父方祖父母の影響で新興宗教に講じており、毎日勤行たる呪文のようなものを唱えているわけなのですが、、これがもはや呪詛レベルなんですよ…。


昔から好きになれなくて、この新興宗教のせいで、20歳まで神社の鳥居をくぐれなかったという刷り込み…。
30歳になる前に「法律上」は抜けています。
親には全く報告していませんが。

自分の中ではケジメを数々つけてきてはいるのですが、この「音」というのは寝ていても耳に入って来ますので無意識でもかなりの影響はあります。

もちろん嗅覚もそうですよね。
この2ヵ所はどうしても、防御出来ない箇所です。

今回は分かりやすく首だったのですが、思い返せば昔から慢性的に肩こりだったり筋肉が尋常じゃなく強張っていて「脱力感」というものを2年前まで実は知りませんでした。

色んな人に
「それは脱力とは言わない」「こんな背中張ってて脱力してるとか嘘だよ」
と言われる程でした。

レイキを勉強してやっと本当のリラックスというものが分かったのですが、今実家に戻ってきてまた強張った状態に戻ろうとしています。

支配や恐怖が根本のエネルギーや「言うことを聞かせたい」などのエゴはこの3次元では何よりも強力に発動します。
愛のエネルギーというのは柔らかく包み込むものなのであっさり破られてしまうのです。
人数が多ければ話は別でしょうけれども。

敏感な方はエネルギーが強い方を認知すると思いますが、その強さは愛のエネルギーなのかエゴの塊なのかを見極めることが重要です。

経験上眉間に刺さるようなエネルギーはあんまり良くない印象です。
眠くなるのは相手と自分のエネルギーに大きく隔たりがあるからです。

本当の愛のエネルギーというのは、温かくてお風呂に浸かっているような感覚がします。
身体が火照るように熱くなったりする感じです。
共鳴しているのですよね、その相手と。
暖炉の火に当たっているような感じです。

もちろん人によって感じ方は違いますけれども。

改めて私の実家は安眠出来る場所ではなかったのだと悟ったと同時に、きちんと身を守る方法を考えなければならないなと思いました。

丹田に神聖幾何学模様を描くのもアリと言えばアリなのですが(^_^;)
本当いっそのこと首から背中にかけてヘナタトゥーでも描いて頂こうかと思うほどです。


エネルギー繋がりで話は少し変わりますが、やはり鑑定をお気持ちにしていたことが自分のエネルギーを甘く見積もっていたのだなと思いました。


凄い時間と労力をかけて必死に描いた絵を、あなたの絵、気に入らないから支払わないわと言われたわけですよね、依頼してきたのは相手なのに。もう相手に渡してしまったのに。
※大半はきちんとお支払い頂いてますので ('д` ;)

その作品にかけている時間とかどう伝えようと色々考えている時間とか文章を構成している時間とかたくさんあるわけじゃないですか。
やっぱり1つのものを作り上げるのにはとてもエネルギーを使っているんですよね。

今更ながら、よくお気持ち制でやれていたなと不思議に思います。
そりゃあ回らなくなりますよ、色々と。
首だって痛くなりますよ(>_<)

一番ショックだったのはスピリチュアルを仕事にしている人に鑑定結果を無視されたことですよね。
お支払いはおろか返信すら頂いていないですよ、紹介だったにせよ。。

依頼する側に覚悟を決めて頂こうと思ったことが甘えを助長させる結果になってしまったのは残念ですが、現実はこういうことなんですよね。
だから貨幣経済は今のところなくならないわけです。

お気持ち制というのは双方が信頼している関係でないと成り立たないのですよね。

身を削って勉強になりました(汗)

エネルギーは目に見えないものですが、日常にはありふれていて、無意識に影響を与え合っているのだということを忘れないで頂きたいなと思います。

そんなつもりで言ったわけじゃない、というのも、

じゃあ悪気なくそんなこと言ってしまえるのってどうなの!?

ときちんと考えた方がいいと思います。
相手に自分の意図が伝わらないのは、世界が違う、価値観が違う、次元が違うという認識をした方がいいです。

相手と自分は違うという認識をした上で、身を守るためには逃げなければいけないこともあります。

逃げられないのなら防御をきちんと固めることです。
これに尽きます。


【愛歌音の個人セッション】
メニュー一覧


【主な活動領域】
●新ブログ
星宙を詠う《ソラウタ》

≪Twitter≫

≪Youtubeチャンネル≫


【お申し込み・その他お問い合わせはこちら】
お問い合わせフォーム
※当ブログのリンクについて。 
スポンサードリンク