これは直接の知り合いのお話ではないのですが、

元彼がツインでしたが既に旦那さんと結婚した後に気付いたという方がいました。

彼女が下した選択は、旦那さんを選ぶことでした。
元彼がツインであったとしても、自分は今の旦那さんを選んだ。それは責任を持つべきだと。

私は素晴らしい決断をしたと思いました。 


ツインレイは別として、ソウル・フレームの段階では選択を決めるのは自分です。
もちろんツインレイも魂の自分が強く決めてきたことに変わりはありません。

どちらにしろ魂の意図を思い出してその道を進むのか、思い出しても今の自分の選択肢を優先するのかは本人が決める他ありません。

宇宙側は何も強制させたいわけではないのです。
あくまでもツインという魂の強い繋がりがあって共に生きれば更に良い方向へ向かいますよと促しているだけです。

私の場合は過去世の関係もあって命懸けでも遂行すると決めていただけの話です。
本来はそこまで辛い想いをしてまでやって欲しいことではない。

何故辛いかというのはそれだけ3次元の縛りがキツいのもありますし、本人が魂の意図を思い出すために浄化して捨て去らないといけない物事がたくさんあり過ぎたのです。

その設定は自分でしていることを忘れないで下さい。
人と向き合うのですから多少の苦々しい思いはツインでなくともあります。
そこまでする必要があるのかもよく考えて下さい。

向き合うのだと決めたなら立ち向かうしかありません。
ただの興味本位であるなら絶対にやらない方が身のためです。
余計なカルマを生み出しかねないです。
(勘違いしたことにより相手を傷付けるとか) 

辛い辛いと周りに吹聴して、傷の舐め合いをしたいだけならやめておくべきです。
確かでない情報交換で、それはツインか否かと他人のことを色々言うのであればもうやめて下さい。

そんな下らないレベルで言い争いが生まれたりするのなら、関わるべきではないです。

辛いのならやめてしまっても構わないのです。
あなたが後悔しないのであれば。

彼女のように理由がはっきりしているなら、選ばない選択肢もあるということを忘れないで下さい。

修行だとか無償の愛だからこそ耐えるべきだとか、そういう概念はとっくに終わっていますよ。
変なキレイゴトにツインの概念を巻き込まないで下さい。

やめるのならやめる。
向き合うのならば向き合う。
決めたなら中途半端にはしない。

神や宇宙が一番困るのは中途半端にすることです。

奉納演奏するにしろ、舞を舞うにしろ、チャネリングメッセージを降ろすにしろ、ツインの発信をするにしろ。
神と関わるのであれば、きちんと覚悟して望みなさい。

どの段階の相手であろうが、
ツインレイもいいけどフレームも捨てがたいよなー♪
レイはしんどいからフレームでいっかー☆
そんなことで向き合わされる相手の身にもなりなさい。

プロを名乗っているんですよ、神様ごと・魂ごとでお金を頂いているんですよ。
地球でもいい加減なものにお金を払うのは嫌でしょうに。
ツインはお金が絡まないけれども魂の契約であることは変わらないのですよ。

きちんと思い出して。それで現実的に判断しなさい。

相手が向き合ってくれないのは、あなた自身が中途半端だからです。
何か見落としているものが必ずあるからです。
決断しないのは自身がまだ決断し切れていないことがあるから。

私自身にも言えることです。

 
【愛歌音の個人セッション】
メニュー一覧


【主な活動領域】
●新ブログ
星宙を詠う《ソラウタ》

≪Twitter≫

≪Youtubeチャンネル≫


【お申し込み・その他お問い合わせはこちら】
お問い合わせフォーム
※当ブログのリンクについて。
スポンサードリンク