太陽は現在射手座へ移動しましたけれど、蠍座にあった頃の課題として、

過去世の因果関係を今世で断ち切る

ということもあったなぁと思います。



 
 
私の体験談としてお話させて頂くと、私のツインフレームは過去世の元旦那と娘です。
現在元娘だけが知っている状態です。

先日産土神社へお礼参りへ行った際、「元旦那に逢って来なさい」と言われてしまったのです。
私も娘も今世は友人としてと決めて来ていますし、今更年齢的に家族にはなれないのです。
何よりも元旦那さんの現在の奥さんと息子くんに遠慮するわけですよね。本当に何で今更と。

でもこれは逆に知らなきゃいけないんだと思ったんです。
私は元旦那さんとの過去世を知って凄く戸惑いましたし、恋愛とは違うけれど「好きである気持ち」が少しでも湧いたのは事実としてありました。
実際逢いに行くと、何のことはない普通というか、確かに家族だったのだなと確信しましたけれど、今回はやはり違うなと感じたのです。

純粋に元旦那さんの今のご家族と幸せであれば私は安心しますし、今の活動も応援しています。

過去世の感情が今の自分の感情だと錯覚することもあるんですよね。
悪いことでは決してないのですよ、その感情が発動するのは何かの学びのきっかけであるから。
過去世の関係をきちんと知った上で、前とは違う関係性を築いていきなさいということなのです。

過去世は繰り返すために存在するのではないです。

もちろん前回ご夫婦でもう一度約束してきた関係もあります。
でも時代も違えば性別も違ったかも知れないですし、当時成し得なかった何かを乗り越えるためにもう一度夫婦を選んだということです。
今の時代だからこそ出来ることがあるはずなんです。

過去世を知らないと無意識の当時の焼き増しの感情のまま過ごすことになります。
未消化なんですよね。だから元旦那さんは当時先に死んでしまったこと、娘を愛して育ててやれなかったことをどこかでまだ悔やんでいて、今違う人生だって分かってはいても当時の後悔を今の彼に知って欲しいのだと思うのです。
今世はもう違う人生なんだよ、とはっきり認識することが必要なのでしょうね。

トラウマや未消化の思いは「知ること・認識すること」だけで昇華出来るんです。
もう今は違うと分かればそれでいいのです。

ですから私は近々逢いに行ってこの過去の記憶を話す機会があると思います。
彼が私のフレームであるなら、この流れが必然であるなら、必ず良い方向へ向かえるはずなんです。
躊躇するのはただの思い込みです。繰り返すと思い込んでいるだけです。

実際私は元旦那とも娘とも繰り返しませんでしたから。
きっと大丈夫なのです。


 【愛歌音の個人セッション】
セッションのお気持ち制について


 【主な活動領域】
無料メルマガ Energy Voice♪

Twitter

Youtubeチャンネル



【お申し込み・その他お問い合わせはこちら】
スポンサードリンク