宇宙の愛を歌う。

天を繋ぎ地と結ぶ光の星詠み師 愛歌音☆Akaneのブログ。 ツイングループ、魂のこと、エネルギーのことなどについて更新。

2017年11月

12月は色々と星のイベントが多いのでまとめて流れを書いておきたいと思います。

12/1 金星が射手座に移動
12/3 水星逆行開始(12/23まで)
12/4 双子座満月
12/9 火星が蠍座に移動
12/18 射手座新月
12/20 土星が山羊座に移動
12/22 太陽が山羊座に移動(冬至)
12/25 金星が山羊座に移動

12月は射手座土星期(2015~2017年)の総復習のような期間です。
土星が山羊座に帰還(元々山羊座は土星が支配星です)するまでの間に水星が逆行を始めて見直しを求めているのですね。

この2年間でやり残したことはないか、自分の歩いてきた道が正しかったのか、そしてこれから先培った経験で何を形にして残していきたいのか何を創り上げたいのかを今一度振り返ってじっくり考えてみて下さい。
決まっている人は一生懸命形に残るような活動を実際に始めてみて下さい。

水星逆行期間はパソコンやスマホなどの電子機器も調子が悪くなりやすいです。
必要なデータがあるならバックアップは必ず取っておいて下さい。
メールの不達やコミュニケーションの擦れ違い、勘違いなども起こりやすいので約束事は早めに慎重に。

星が立て続けに移動すると色んなエネルギーがごちゃごちゃ入り混じるので、自分の元に入ってくる情報が錯乱しがちになりますが、冷静に自分軸はしっかりブレずに持っておいて下さい。
自分の理想とすることは何なのかきちんと決めていれば色んな情報が入り混じっても取捨選択出来るはずです。

この年内を機にエネルギーはとても変わります。
今まで大きな事やきれい事を言っていた人(自分に嘘をついていた人)は必ずついてきた嘘のツケを払わされますし悩み苦悩することと思います。
今まできちんとエネルギーを循環させていなかったのですから必ず物事は停滞します。

そうならないように自分が隠していた目を背けていた嫌なことも「それも自分だ」と認め、しっかり目を向けていなければなりません。
既に蠍座木星の厳しさは目の当たりにしていると思いますが、年明けからが本番です。


o0480029613911596790


続きを読む

先日眠れない夜があってベッドに潜りながらボーッとしていたのですが、改めて彼との一番影響の強い過去世のことをまた思い出し、ブログに書き留めておこうと思いました。

一番最初に思い出した(というか知らされた)のは今年の3月末、チャネリングが開いてすぐでした。
膨大な量の自動書記をチャネリングの練習として残していたのですがその情報が全て彼とのことでした。


続きを読む

先日、ふとツインソウル♀に連絡を取りたくなったんですよね。

疎遠になったキッカケとしての思い出があんまり良いものではなかったので。
私はツインレイとの学びで引き離された感じでしたから、もう何となく言えるようになった気がしたんです。

その子も同じようにツインと出逢っていて、まさに課題に取り組まなければという状況で。
すぐさまホロスコープセッションに移行してツイン鑑定から何から全部やりました。
ボイスヒーラーをしているので交換セッションという形にしたのですね。

彼女はそれから歌う機会が何度もあるわけですが、降りてくる情報がとても濃くなったみたいなんですよ。
自分のホロスコープと彼との関係をきちんと知ることによって色々ダウンロード出来てしまったみたいです。

そう言えばあまり同業(と言うべきなのか 笑)の方にセッションしたことってなかったんじゃないのかなーと。
彼女は私のツインであったことも関係していると思いますがやはり相乗効果ってあるのだなと実感しました。

関東方面で活躍されている方なのでお近くの方はぜひ逢ってみて下さいね!

私は彼女の声がとても好きで、クリスタルボウルやシンギングボウルを使っていてその音色も好きなので、彼女以外のボイスヒーリングは正直あまり聴けないです。
昔から「声や音」の好き嫌いが凄くあったのですよ。

分離期間でとても辛かった頃は彼女がくれたヒーリングボイスをヘビロテで聴いていました(笑)


そんな佐藤麻有子ちゃんのホームページはこちらです。

本日お問い合わせ頂きましたS.T様

パソコンからのメールアドレスをブロックされているとの事ですので、
seeyastar_trumpetta☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて下さい)
を受信設定して頂いてからもう一度お申し込み頂けますと幸いです。

お手数をお掛け致しますがよろしくお願い申し上げます。

愛歌音

何だか最近ふと次のステージへ向かう予感がしていて、それは自分のこともそうなのですが、実はずっと気掛かりで仕方なかったことがありました。

それは同性愛での学びです。

ツインを語る上で同性愛も私は避けられないと思います。
今のツイン概念は「異性間」がメインなのですよね。
プラスとマイナス、陽と陰の話であるなら同性間であっても本質は同じであるはずです。


続きを読む

このページのトップヘ